マニャール

トリフォニー公演初日お疲れ様でした。
マニャールの交響曲はいろいろ混沌とした背景と音楽が垣間見れる曲でした。
美しさとカオスが入り混じる事は、音楽でも現実でもありますし、そこがフランス人の音楽のエスプリでもあります。
フォーレの歌曲集を聞いていても、一言では言い表せない曲が多く、いつまでも心に残ります。単純だけど、最後のトニックにかけた優しさに全てが包まれる。そんな時間だった気がします。明日も頑張ります。


0コメント

  • 1000 / 1000